面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台本読むような面接では受からない

毎年どれだけ面接をしていても、やはり同じ思いしか残りません。
これは良い点でも悪い点でも一緒です。

さて今回は、悪い点を挙げてみましょう。

「面接に良く出る質問集」とか、「面接必勝法!」とか、一所懸命
読んできている人も多いのですが、自分なりに噛み砕いて面接に
挑まないとダメだと思いますよ。

こう言うといい、これは盛り込まないとダメ・・・。

こんな考えに凝り固まると、面接の本番になったら頭の中で
あれこれ考えてしまって、言葉に詰まる。棒読みのようになる。

業界研究をしなさいと言えば、その業界で何が起こっているかという
浅い知識だけを詰め込んで、なぜそうなったのかとか、何がウケて
いるのだとか深く掘り下げるところまではいけていない。
自分自身の感想とか、今後どうなるのかといった予測さえしていない。

面接官は相当にスキルがあると思って勝負に来てほしい。
小手先だけのテクニックで通過できるのは一次面接まで。

毎年、一次面接だけは やけに通過率の高い就活生がいますが、
よく言えば立ち回り上手、悪く言えばお調子者。

友達レベルならごまかせても、やはり百戦錬磨の面接官や役員、
社長さんはだまされません。

自分の本当の考え方や気持ちを話さない限り、相手の気持ちは
動かない。学歴でも職歴でもなく、人間力が求められる時代です。

その会社や業界になぜ入りたいのか?
そこをしっかりと自分で納得した上で人に伝えることができるのか。
厳しいことを言えば、その点を納得させることができる人でなければ
おそらく面接は通りません。

また、それくらいの気持ちがなければ働いても楽しくないでしょう。

絶対に私はこうなりたい。こうする。ここが目標だ。

できるまでとことんやりきるという気持ちをその会社にぶつけられるかが
私としては一押しのアピールポイントだと確信しています。

皆さんはどうですか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

コメント一覧

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。