面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接はイマジネーション

面接の極意、成功法、アンチョコ・・・・。
いろいろ、うまくいくコツを就活生に聞かれます。

その度に思うことは、「テクニックじゃないんだよなぁ・・・。」てこと。

じっくり時間をかけて、事前に用意ができる履歴書とかエントリー
シートとか、転職者であれば職務経歴書などは、見てくれる相手
にとって見やすく気を引くものを用意することはカンタンです。

でも、リアルタイムで勝負する面接は、いくら原稿を用意しても
思い通りにいくものではありません。
本質とは全く別の自分で勝負しようと思うと、必ずボロが出ます。

一流の役者さんくらいのスキルがあれば、ボロを出さずに切り抜けられるかも
しれませんが、それくらいすごいなら、一流の役者さんになったほうがいいかも
ってことになりますよね。

タイトルの、「面接はイマジネーション」というのは、どんなことかと言うと、
原稿を用意して棒読みするような準備は無駄だけれども、事前にイメージ

トレーニングをして、「こういうことを聞かれたら、自分はどう答えるべきなの
だろう?」と想像することなのです。

でも、政治家の国会答弁のように、想定問答集を作れということではありません。
多くの方は、この想定問答に力を入れたりしていますが、実際に面接官をして
いると、一般的な想定問答に近いやりとりが多過ぎて、ちょっとがっかりします。

私の心に響く面接というのは、やはり心の声、本音、本気が伝わってくるものが
あるやりとりなのです。

なぜ、この仕事に興味を持ったんだろう?
なぜ、この会社に入りたいと思ったんだろう?
どの商品、どのサービスが良いと思っているのだろう?
この業界のこと、どれくらい知っているのだろう?
入社したらどんなことをしたいのだろう?

本気度の強い人は、ポンポンと、これらの疑問について、ストレートに答えが
返ってきます。だからわかりやすい。なるほどと思える。この人、いいかもと
思えるのです。

ひとつふたつの質問であれば、付け焼刃で、想定したかっこいい答えで
切り抜けられるかもしれません。

でもこちらもプロです。

その気持ち、ほんとなの? その考えに嘘はないの? と確かめるために
直球だけでなく、いろんな角度からの変化球も投げてみるのです。
それでボロが出る。

結局は、「こいつと一緒に仕事してみたい!」と思わせられるか。
「荒削りだけど、もしかすると大化けするかも?」と期待させられるか。

小手先の面接テクニックに時間を割くのはやめましょう。
そんな時間があるなら、日経新聞を読み、ビジネス雑誌を読み、企業のサイトを
見て、商品を買い、サービスを受けてみましょう。

その会社に本当に入りたい!
自分が入った時にどうなっていくかの絵が見えた!
こうなって欲しいのです。

とにかく内定取るために、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるスタイルでは、
散弾銃並みに打っても当たらないでしょうね・・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。