面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

業種の決め方

「業種」というのは、「どの業界か?」ということ。
時々「職種」と間違う人がいますが、「職種」はどういう種類の仕事かって
いうことですね。(例えば「営業」というのが職種)

大学の場合、理系か文系でも大きく違います。

理系はやはり学部学科につながる業種が中心となります。
文系はその点、理系よりも学部学科専攻等へのこだわりは薄いようです。

理系はどちらかというと業種から、文系は職種から決める傾向がありますね。

業種を決める際に一番大切なことは「将来性」です。
転職率が60%近い時代とはいえ、新卒で入った業界の中で生きていく率も
また高いのは事実です。

たとえ今好調でも、10年後20年後にどうなっているのかという予測。
逆に今はまだまだだが、今後ブレークしそうな業界はないか。

決める要素としては以下のポイントがあります。

1)自分が好きである、やってみたい業界
2)学部、学科、専攻に関係のある業界
3)今、勢いのある業界
4)昔から安定・成長している業界
5)これから伸びていきそうな業界
6)一般的に人気がある業界、かっこいい業界

これがすべて当てはまる業界はまず存在しません。
となると、どこに基準を置いていくのか?

ここは人それぞれの考えがあります。
大切なことは、何となくではなく、こういったポイントを見つめながら
明確な理由をもって自分で決めるということです。

そのためには多くの情報を、目で、耳で、足を使って、頭を使って、
人脈を使って仕入れることが大切。

新卒の就活においてしばしば陥るミスは「知っている業界・社名だけに興味を持つ」ということ。
皆さんが知っている会社は、たくさんの業界においてのホンの一部だという
ことをぜひ知っておいてください。

ビジネスマンの転職の場合は、業界のことはある程度の知識があるはずです。学生と違い、周りには社会人ばかりですから、リアルな情報も手に入れやすいと思います。業種間の格差はいろいろとありますが、同業種内では、ランキングの上下はあるとしても、仕事内容はほぼ同じと考えるべきです。もし今の業種が嫌ならば、違う業種の同じ職種に転職した方がいいかもしれませんね。



スポンサーサイト

テーマ : 就活
ジャンル : 就職・お仕事

コメントの投稿

秘密

   
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。