面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧迫面接は本当にあるの?

圧迫面接って知っていますか?
文字通り、相手を追い込む形の面接手法です。
ボクは絶対にやりませんけどね。
最近いくつかこの圧迫面接について質問が来ています。
「本当にあるのか?」とか「どう対処すればいいのか?」など。

結論を先に言えば、あるのは確かです。ただ手法としては
稚拙だと思いますよ。相手を追い込まなければその人を見極め
られないなんて、採用担当のスキル不足以外なにものでも
ない。

ましてや、一般消費者がお客様となる企業は、たとえ落とす
相手でも「入れなくて残念だったけどいい会社だったな。」
くらいに思わせなきゃいけないですよ。立場変えたらお客
様なわけですからね。

ただ、結果的に受けている側が圧迫と取る場合はたくさんあるかもしれません。
ボクらとしては疑問に思うことはどうしても突っ込まなければいけないから。
「なぜ?」「どうして?」「それからどうなるの?」
なんて感じでね。

そこで答えに窮したときとかに「圧迫された」と感じる人がいるのだと思います。でもこれは圧迫じゃなくて心の持ち方ひとつなんですけどね。

とにかくいかに冷静になれるか。圧迫だと思った時点で負け。
たとえ本当に圧迫面接だとしても、変に構えることなく、淡々と対応することが大切ですよ。
手法としてこれを使うときは、感情的にならない人かとか追い込まれたときにパニックに陥らないかとかを見ようとしているわけですからね。

ボクがお付き合いしている超有名優良コンサル企業でも、この「圧迫面接」をやっています。なぜなら、クライアントからのプレッシャーがとてもきついので、このくらいの圧迫をうまく返せるようじゃないと仕事にならないからです。

このように、業務上どうしても直面する状況を面接の場で再現する企業は良くみかけます。

後は、困った話だけど、面接官の人格とか個人的理由のケース。
これは当たった自分がアンラッキーと思うしかありません。
とは言え、その場ではそれがスキルかどうかはわかりませんけどね。

*元々ひねくれたタイプ
*家庭や仕事で嫌なことがあった
*そろそろ転職しようと思っている
*今日はずっと面接していて疲れたヨ


こんな時にぶつかると、圧迫面接ぽくされたりするかもしれません。
それをうまくこなすのもビジネスマンとしての世渡りですが、新卒の就活ではなかなかそこまで余裕は持てません。
とにかく、感情的にならず、正面からの反論も避け、いかに逆風を利用するかという作戦に出ましょう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。