面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

転職理由をどう伝えるか?

転職の面接で、100%必ず聞かれるのが「転職理由

なぜ、その仕事を辞めたのか(辞めようと思ったのか)、そしてなぜこの会社・仕事を選んだのかの理由をとことん突っ込まれます。

元々、転職理由としては大きく分けて2つあります。

1)自己都合 ⇒ 自分から辞めることです

2)会社都合 ⇒ 辞めたくないけど、会社のせいで辞めなきゃいけない

会社都合で辞めるのは、本人の意志ではないので仕方ありません。
入る会社入る会社がすべてつぶれたら全部「会社都合」ですよね。

特に問題になるのは「自己都合」で辞めた場合です。

「自己都合」の場合も大きく分けると2つ。
「前向きな理由」と「後ろ向きな理由」です。

①今までやってきたことを生かして、もっと大きなことをやりたい
②次のステップのために、今までとは違う仕事をやってみたい
③資格を取ったので、それを生かせる仕事につきたい


こういった理由は「前向き」ですよね。

④人間関係に疲れた
⑤長時間労働&サービス残業に嫌気がさした
⑥社内の雰囲気が悪い
⑦正当に評価されない
⑧給料が安い
⑨会社の将来に不安がある


こういった転職理由は「後ろ向き」という言い方は適切じゃないかもしれませんが、次を見据えた理由ではなくて、とにかく逃げるための理由です。

会社の業績とか、給料遅延とかダウンなどの業績不安が理由の場合は、「会社都合」になる前に先に辞めちゃおうということなので、限りなく「会社都合」に近い「自己都合」かもしれません。

それぞれの理由は、いちいち聞けば納得ができるものがほとんどでしょう。しかし、面接の場においては、あえて言わなくてもいいことがたくさんあるのです。

面接官は「転職相談所」ではありません。
特に面接官として「要注意」マークをつけるケースは、「文句の多い人」なのです。

こちらがうまく乗せていくと、調子に乗りすぎてしゃべりすぎる人も多いものです。
転職理由を突っ込んでいくうちに、強烈な会社批判になっていく人がしばしば見受けられますが、その理由を突き詰めていくと「うちの会社にもそんなことあるよ。」「それは業界の常識ジャン」なんてことがたくさんです。

この面接の場で会社批判をするような人は、こちらに入社しても同じことですぐに辞めちゃうんじゃないかという印象を持ってしまいます。だって、その理由はこちらにもあったりするわけですからね。

聞く側の心理に立てばわかりやすいと思いますが、それがたとえ辞めた理由の真実だったとしても、ぜひ前向きな理由に置き換えて欲しいのです。

採用側としては「あっちが嫌でたまたまこちらに来た人」よりも「こちらを狙ってきてくれた人」の方がかわいいですし、嬉しいですよ。

極論すると、100%良い会社もないし、悪い会社もない。どちらかといえば良いことの方がたくさんある会社が良い会社だと思うのです。

前向きな気持ちで受けに来てくれた方を「採用したいな!」と思うのは自然な感情だと思いませんか?その逆もしかりです。

さて、「会社都合は仕方がない」と最初に言いましたが、2社も3社も
会社都合で転職している人はボクの中ではあまり評価が高くありません。
なぜなら、

 *安易な話に乗っかってしまったケースが多く、腰が軽い
 *洞察力や緻密さに欠けるのではないか? ⇒ 業種の将来が見えていない
 *会社に対する思いが低いのではないか?

運が悪いと言ってしまえばそれまでですが、その運を引きずっている人を採用するのは少し勇気がいるものです。そんな非科学的なことまで考えて採用している担当者は、実は意外に多かったりしますね。

とにかく、前向きな転職理由をもった人は、そうでない人よりも採用される確率は高いのです。



スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。