面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんな受け答えは大丈夫?

面接において、自分の趣味について聞かれることは多くあるそうですが、私の場合、自分の趣味について話すと、ヒンシュクをかうことがあります。

自分ではそんなひどい趣味だとは思いませんし、ただ好きだからのめりこんでいるだけなのですが、客観的にみると、あまり良い趣味ではないようです。
 だからといって、実際の面接において、趣味について聞かれたとき、特にありません、と答えることは、印象が薄いと思われます。
しかし、正直にマニアックな話をしても、ヒンシュクをかうことは目に見えています。 

そこで、今ある趣味を捨て、好きでもないけれど一般受けのよい実用性のある趣味に変えようと思うのですが、やはりどうしても抵抗があります。 自分の趣味について、どう考えたらいいのでしょうか。(ジガジさん)

質問されたときに、そのことに具体例も加えて一気に話してしまったほうが良いのか、それとも一度答えてから、それに対して聞かれてから答えた方が良いのか迷っています。 例えば、尊敬する人はだれですか?とか聞かれて、「-です。 なぜならーだからです」の方が良いのか「-です。」と答えて、何故かを聞かれてから答えるべきなのか迷っています。 いっきに話そうとすると、焦ってしまいます。 でもいっきに話さないで、理由を聞かれなかったらと思うと悩んでしまいます。 ご意見お願いいたします。(カエル顔さん)
覆面面接官X氏の回答

ジガジさんの趣味は何なのかとても興味はあるけど、犯罪行為でなければ人それぞれ趣味は違って結構だし、とやかく言われるものでもないでしょう。ただ、人に話してヒンシュクを買うときがあるということは、あまり一般的ではなく非常にマニアックかつちょっと違和感のある趣味なのかもしれませんね。
企業はなぜ趣味とかを聞いたりするのかと言うと、その人のことを短時間に多方面から知りたいのと、趣味のことを語らせることによるリラックス効果⇒本当の自分を出させるという側面があります。また、面接官と趣味がたまたま合った時には予想外に盛り上がったりもしますが、でも合否とはあまり関係ないことでもあるのです。
ですから、趣味の内容そのものによって評価が変わるということはほとんどなく、それを語らせることでの内面性とか行動力とかコミュニケーションスキルを見るわけですね。
業種・職種によってはその趣味がとても活かせる場合もあるので、絶対に関係ないとは言えませんが、とにかく評価のメインでないことは確かです。

ジカジさんの場合は、趣味の部分については一般受けしないということなので、もう少しわかりやすい趣味、例えば読書あたりにしておいて、これを機会にためになるビジネス書でも読んでみてはいかがでしょうか?
趣味を変えるのではなく、増やすということです。「最近凝っているのは~」という形で、新しい趣味をアピールするならウソにはならないでしょ?

カエル顔さんの質問についてですが、答えは明確で「不安なら一気に答えてしまいましょう」ですね。
趣味の件でもそうですが、面接官はその内容を知りたいのではなく、「なぜ?」とか「どのように?」といったようなアナタの内面を知りたいのです。ですから、なぜその人を尊敬しているのかという考え方やきっかけ、背景を伝えることでアナタのことがよりわかってくるわけです。

まあ、たいていの場合は尊敬する人の名前を答えると「それはなぜですか?」とほぼ100%聞かれるはずですから、そんなに悩む必要もないのですが・・・。

相手に失礼なく、そして必ず自己主張できるスタイルとしては、「○○さんです。理由もお話してよろしいでしょうか?」とお聞きしてから話せばいいでしょう。

とにかく面接での質問は多種多様。予測していたことからしていなかったことまでたくさんあります。
大切なことは「いかにわかりやすく的確にそして端的に伝えるか」ということなのです。
先日も「話せば長くなるのですが~」と始まっていろいろと話してくれた学生がいましたが、その長さは内容のない無駄な長さでした。たとえ内容があったとしても、こちらの予想以上に長い話はあまり心に響かないものです。
ひとつの質問に対してどれだけ長くても1分でしょうね。1分って結構長いですよ。

内容でウケを狙っても、その人の本質からかけ離れていればどうにもなりません。
皆さんの良さをわかりやすく伝えられるネタは何なのか?そういうことをしっかりと考えていただきたいですね。



スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

   
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。