面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接マナーあれこれ

面接していると、その人の能力で判断する前に、人間としてのマナー的
な部分でNGを出してしまうケースが数多くあります。

面接官も人間ですから、気持ちよく面接が進むと相手に対する印象も
良くなります。その逆もしかりです。

緊張の場面で、なおかつ立場的に面接される側の方が弱いですから、
面接官を気持ち良くさせるなんて余裕はないかもしれません。
それでも最低限、自分のマナーで気分を害させることの無いよう、気を
使うことは大切ですね。

良くも悪くも、際立って目立つ必要はないと思います。

面接官がピクッとくるポイントはこんなことです。

①きちんとした挨拶が出来ない(あざす!なんてのは最悪ですね)
②履歴書をさかさまに出す
③履歴書を折ったまま出す
④目が泳ぐ(視線があちこちにいっている)
⑤相手の目を見て話せない、聞けない
⑥上目遣い(なんかイヤラシイ)
⑦姿勢が斜に構えている
⑧椅子の背もたれにドッカリと背をつけて座る(ふんぞり返る)
⑨座った足が大きく開いている(男性)
⑩貧乏ゆすり
⑪やたらに手が動く。オーバーアクション
⑫こちらの話にやけに大きくうなずく(なんかウソくさい)
⑬(集団面接の場合)他人の話に過剰に反応する(あなたは関係無いでしょ!って感じ)
⑭携帯電話を気にする(マナーモードでもNG。電源OFF!)
⑮声が暗い、低い(地声だからしょうがないではなく、明るいトーンを心掛ける。)


身だしなみはできていているのが前提で、人間なくて七癖、気がつかない
うちに悪い部分が出てきます。
緊張するからこそ出てしまうこと(貧乏ゆすりや視線など)は良くある
のですが、あまりにひどいと気になるので、とにかく落ち着いてください。

緊張することをどうするかは、また別のコーナーでお伝えしますね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

秘密

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

面接のビジネスマナー[若い方向け]

 来訪者のログを見ると、ビジネスマナー系のキーワードで検索して辿り着く方が多いようです。 今回は就職・転職・アルバイト問わず、面接についてのビジネスマナーを書いてみます。服装・正社員だろうが、バイトだろうが、特殊な場合を除いて、基本的にスーツが無....
   
就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。