面接マスターズ 面接はプロに聞け!!

年間5000人以上の面接をこなす「覆面面接官X」が、就職・転職活動中の皆さんに贈る「面接の極意」超ネタブログです!

 

面接実践編

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台本読むような面接では受からない

毎年どれだけ面接をしていても、やはり同じ思いしか残りません。
これは良い点でも悪い点でも一緒です。

さて今回は、悪い点を挙げてみましょう。

「面接に良く出る質問集」とか、「面接必勝法!」とか、一所懸命
読んできている人も多いのですが、自分なりに噛み砕いて面接に
挑まないとダメだと思いますよ。

こう言うといい、これは盛り込まないとダメ・・・。

こんな考えに凝り固まると、面接の本番になったら頭の中で
あれこれ考えてしまって、言葉に詰まる。棒読みのようになる。

業界研究をしなさいと言えば、その業界で何が起こっているかという
浅い知識だけを詰め込んで、なぜそうなったのかとか、何がウケて
いるのだとか深く掘り下げるところまではいけていない。
自分自身の感想とか、今後どうなるのかといった予測さえしていない。

面接官は相当にスキルがあると思って勝負に来てほしい。
小手先だけのテクニックで通過できるのは一次面接まで。

毎年、一次面接だけは やけに通過率の高い就活生がいますが、
よく言えば立ち回り上手、悪く言えばお調子者。

友達レベルならごまかせても、やはり百戦錬磨の面接官や役員、
社長さんはだまされません。

自分の本当の考え方や気持ちを話さない限り、相手の気持ちは
動かない。学歴でも職歴でもなく、人間力が求められる時代です。

その会社や業界になぜ入りたいのか?
そこをしっかりと自分で納得した上で人に伝えることができるのか。
厳しいことを言えば、その点を納得させることができる人でなければ
おそらく面接は通りません。

また、それくらいの気持ちがなければ働いても楽しくないでしょう。

絶対に私はこうなりたい。こうする。ここが目標だ。

できるまでとことんやりきるという気持ちをその会社にぶつけられるかが
私としては一押しのアピールポイントだと確信しています。

皆さんはどうですか?
スポンサーサイト

面接はイマジネーション

面接の極意、成功法、アンチョコ・・・・。
いろいろ、うまくいくコツを就活生に聞かれます。

その度に思うことは、「テクニックじゃないんだよなぁ・・・。」てこと。

じっくり時間をかけて、事前に用意ができる履歴書とかエントリー
シートとか、転職者であれば職務経歴書などは、見てくれる相手
にとって見やすく気を引くものを用意することはカンタンです。

でも、リアルタイムで勝負する面接は、いくら原稿を用意しても
思い通りにいくものではありません。
本質とは全く別の自分で勝負しようと思うと、必ずボロが出ます。

一流の役者さんくらいのスキルがあれば、ボロを出さずに切り抜けられるかも
しれませんが、それくらいすごいなら、一流の役者さんになったほうがいいかも
ってことになりますよね。

タイトルの、「面接はイマジネーション」というのは、どんなことかと言うと、
原稿を用意して棒読みするような準備は無駄だけれども、事前にイメージ

トレーニングをして、「こういうことを聞かれたら、自分はどう答えるべきなの
だろう?」と想像することなのです。

でも、政治家の国会答弁のように、想定問答集を作れということではありません。
多くの方は、この想定問答に力を入れたりしていますが、実際に面接官をして
いると、一般的な想定問答に近いやりとりが多過ぎて、ちょっとがっかりします。

私の心に響く面接というのは、やはり心の声、本音、本気が伝わってくるものが
あるやりとりなのです。

なぜ、この仕事に興味を持ったんだろう?
なぜ、この会社に入りたいと思ったんだろう?
どの商品、どのサービスが良いと思っているのだろう?
この業界のこと、どれくらい知っているのだろう?
入社したらどんなことをしたいのだろう?

本気度の強い人は、ポンポンと、これらの疑問について、ストレートに答えが
返ってきます。だからわかりやすい。なるほどと思える。この人、いいかもと
思えるのです。

ひとつふたつの質問であれば、付け焼刃で、想定したかっこいい答えで
切り抜けられるかもしれません。

でもこちらもプロです。

その気持ち、ほんとなの? その考えに嘘はないの? と確かめるために
直球だけでなく、いろんな角度からの変化球も投げてみるのです。
それでボロが出る。

結局は、「こいつと一緒に仕事してみたい!」と思わせられるか。
「荒削りだけど、もしかすると大化けするかも?」と期待させられるか。

小手先の面接テクニックに時間を割くのはやめましょう。
そんな時間があるなら、日経新聞を読み、ビジネス雑誌を読み、企業のサイトを
見て、商品を買い、サービスを受けてみましょう。

その会社に本当に入りたい!
自分が入った時にどうなっていくかの絵が見えた!
こうなって欲しいのです。

とにかく内定取るために、下手な鉄砲も数打ちゃ当たるスタイルでは、
散弾銃並みに打っても当たらないでしょうね・・・・。

ホテル業界の面接

ホテル業界は相変わらずの人気です。
特に女性を中心として、ホテルへのエントリーは毎年殺到しています。

ホテルにもいろいろあって、誰もが知っている名門ホテルから、
リゾートホテル、価格勝負のビジネスホテル、果てはファッションホテル?
まで様々な会社が新卒採用をしています。

最初から「とにかく何でも絶対ホテル業界!!」という方も多くて、
それはそれで根性あるなと思いますが、人気業界を志望する方は
それなりの準備と覚悟がないと、その業界どころか内定がひとつも
取れないという状況に陥りやすいので気をつけて欲しいのです。

続きを読む

東京都 若年者緊急就職サポート事業とは?

東京都は、若年者の正社員雇用を促進するために、就職支援企業と連携して
様々なサポートを行なっています。

内容を簡単にお伝えすると、

 1)若年者緊急就職サポート事業の内容について説明を受ける

 2)サポート希望者は登録をする

 3)キャリアアドバイザーと相談し、希望の業種・職種を探す

 4)就労体験先の企業を決める

 5)2週間の就労前研修を受ける

 6)2ヵ月半、派遣社員として就労する

 7)派遣先・就労者の双方が合意すれば、正社員として採用される

となります。

これはいわゆる「紹介予定派遣」という制度を利用していて、
派遣会社に一旦登録し、正社員登録を前提として一定期間を派遣社員
として就労するわけですね。

この制度のメリットは、公的資金でサポートするという安心感と、
あやしい就労先はないだろうという安堵感、そして正社員になるまでを
専門家が徹底的にサポートしてくれることにあります。

また、一定期間だけ就労体験ができるのは、ミスマッチが起きにくく、
企業・求職者双方にとって良い事だと思いますね。

東京都内で就職を考えている若年者の皆さん、ぜひ一度この制度の
利用を考えてみてください。



テーマ : ニート
ジャンル : 就職・お仕事

面接対策はするな!?

いろいろな会社の採用方法をネットで調べたりすると、
「こんなことやってました」とか、
「こういうこと聞かれるから準備しておいて」というような
情報が錯綜しています。

もし、その会社の面接が○×式でいつも同じ問題を出しているので
あれば、以前のものを丸暗記すればいいでしょう。

グループディスカッションでも面接官の質問でも、常に同じ質問
やテーマなら、そういった情報も有益でしょう。


でも皆さん、こういった面接対策は無駄なことが多いのです。

私たち面接官は、常に正しい答えを求めているわけではありません。

ペーパー試験なら正解が必要でしょうが、面接の場では受験者との
やり取りこそが大切な判断基準なのです。


テクニックのみを教える就活塾や就活本では、面接スキルの高い
会社(採用方法に優れている会社ですね)からの内定を取ることは
難しいでしょう。


そういった会社が見ているポイントは、

1.どういった考え方をしているか

2.本番力はあるか

3.大人としての知識をどれだけ持っているか

といったところです。


ある課題や質問に対して、まずはきちんとその意味を理解し、
論理的に考えてわかりやすく答えることが成功への道です。

本番力というのは、どんな場面でもあわてずに対処できる
力です。

面接で想定していない質問をされると、ハッとあわててしまい
言葉につまる就活生は多いのですが、それではアウトです。

下手に想定するから、想定外に対応できないのです。

想定問題をたくさん覚えるくらいなら、たくさんの新聞や
ニュースやビジネス書等を読みましょう。


また、ここ1年ビジネスニュースの話題になっているキーワード
については、必ず調べて内容を理解し、自分としての意見を
持ちましょう。

テーマ : 就活
ジャンル : 就職・お仕事

面接官が落とす理由とは?

私が企業に成り代わって面接するときは、主に1次面接となります。

そうなると深く奥までその人を追及するというよりも、

最初の数分間で感じるインスピレーションや経験値で決めることが

多くなるのです。


面接される側としては「そんな程度でわかるんですか?」という

わけですが、これがたいていわかっちゃうのです。


私の見る基本は、


 1.人間的なマナーや話し方、みだしなみが良いかどうか

 2.自分自身を客観的に評価できているか

 3.この会社への志望度は高いのか


といったところです。


最近特に就活生と話していて思ったのは、「会社研究が足らない!」

ということでした。


入りたい会社なのに、

 ■その会社の経営理念を知らない

 ■社長名を知らない

 ■商品名やサービス名を知らない。利用したことが無い

 ■親会社を知らない(上場企業グループの場合)

 ■広告を見たことが無い。覚えていない。

 ■その会社やその業界の最近の動向・ニュースを知らない

というケースが良くあります。


この程度の情報は、テレビや新聞、ビジネス雑誌、会社サイト、

ニュースサイトといったメディアを駆使すればほとんど手に

入りますし、お店をしている企業であればお客様となって

疑似体験ができます。


こんな簡単なことを準備しないで面接に来ても全く本気度を

感じることができません。

したがって、この面接はアウトとなります。


本当に興味があるなら、とことん追っかけてみる。


そんな努力が実を結びます。



基金訓練の面接対策・コツ

基金訓練
とは、失業中の方が無料で仕事に役立つスキルを
身につけながら、収入の状況によっては毎月10~12万円
の生活費も受給できるという国のありがたい制度です。

期間は3ヶ月から1年と、プログラムによって様々。

申し込むには、まず管轄のハローワークへ行き、求職登録
すると共に、基金訓練のコースを選んで申し込みます。

その後に訓練先の選考があり、合格すれば訓練が始まります。

基金訓練面接も、ちょっとしたコツで合格率が格段にアップします。

実は私も基金訓練先での面接をしておりますが、
面接で見るポイントは、いくつかあります。

基金訓練先の事情により、それぞれポイントが異なる場合も
多いのですが、基本的に重要視する点が、

「卒業後に就職できそうな人材か?」

です。
就職に困っているのに、できそうな人材かどうかを見ると
いうのも変な話ですが、実際に訓練後の就職率が悪いと、
その基金訓練を行っている組織(会社・学校・NPOなど)
に今後委託が来なくなる可能性があり、何とか就職率を
あげたいというのが本音です。

具体的には、

 ●まじめそうか

 ●本当に就職しようと思っているのか

 ●訓練を休まず続けられそうか

 ●年齢的にはどちらかというと若手が有利
 
 ●合格させてあげたい特別な理由があるか

などがあります。

「まじめそうか」 ⇒ 服装、髪型(髪の色)、言葉づかい
「就職の意欲」  ⇒ とりあえず訓練だけとか、生活費狙いとかはNG
「休まないか」 ⇒ 今までの履歴でいろいろ突っ込む。新卒であれば
          学校での様子をチェック。
「年齢」 ⇒ どうしても、高齢者は就職率が低くなるため。
「特別な理由」 ⇒ 家計を支えるために早く収入が必要。
          再就職のためにどうしても資格や技術が必要等。

企業の面接とは違うといって、あまり対策もせず面接に来る方
が多いのですが、やはり第一印象からしっかりと準備してくる
べきです。

10万~12万の支援金を受給しながら職業訓練を受講可能。詳細はこちら


長い面接、 短い面接

良く就活生や転職希望者に、「面接時間が長かったので、期待してもいいでしょうか?」とか、「たった5分くらいで面接が終わったからダメかと思ったら、内定もらいました。こんな会社は大丈夫ですか?」などと聞かれますので、今回は面接時間について面接する側からの考え方や裏話などをお伝えしましょう。

私も年間何千人と面接してきましたが、企業から依頼される面接はほぼ100%が1次~2次面接です。さすがに最終面接は社長や役員クラスがしっかりと見るべきだと思いますし、組織の大きな企業でも責任ある役職が決断しますから、私たちプロ面接官の出番はありません。同席してフォローしたりアドバイスしたりはしますが、最終決定は企業側がするのが当たり前です。

ただ、大人数をふるい落とす面接は、いろいろな手法を使うことで短時間に効率よく実施することが可能で、そんな場面では私たちのような部外者が担当している面接も多いのです。

さてそのような1次面接では、社外に会場を借りて面接や適性検査などを実施することも少なくありませんが、会場の都合で時間制限があり面接の時間も自ずと決まってきます。例えば、

■ 面接に使える時間が2時間
■ 面接官は2人
■ 面接を受ける人は30人


となると、面接官は15名ずつを面接することになります。
1人ずつ面接をしたら 2時間=120分を15で割って1人8分となります。
入れ替えとか挨拶などを入れると賞味5分くらいの面接になります。
面接を待っている間に適性検査や各種資料の記入・読み込みなどをしていてもらえば、総時間3時間もあればできてしまいますが、面接を受ける側としては「たったの5分だった」となります。
その不満を解消する方法としては、集団面接やグループディスカッションがあります。

集団面接なら、5人ずつ3組に分けて2時間を3分割すれば、1組の面接時間が40分となり、実際に自分が話している時間は短かったとしても、ある程度の満足感があります。
グループディスカッションであれば、もっと面接官は楽になって、30人なら6人ずつ5組にわけて2時間テーマを与えて討論してもらっていればいいわけです。
各テーブルを2人の面接官がグルグル周って採点していればいいですし、面接される側も普通の面接よりは「参加した感」があるので好評です。

さてそれでは、短い面接長い面接で何か違いがあるかというと、これは面接する側の都合でどうにでもなってしまうので、あまり気にしない方がいいというのが結論です。過去私が経験した例としては、

■ 「大事な会議があるので、今日はサクサクと短めに」と指示してきた役員面接担当の役員
■ 「女性は今回採る気ないので、女性は短く」という採用担当者(その逆もあり)
■ 「あまり短いとネットで書かれるので、最低でも15分は面接してくれ」という社長
■ 単なる確認と形式だけの役員面接なので、短いけれど100%採用する最終面接
■ 落とした場合に悪い評判が立たないよう、落とす人ほど楽しく盛り上げる役員


など、書き出したらキリがありません。
とにかく、面接時間は会社側の都合で決まっていることがほとんどなので、時間の長短で悩んでも仕方ありません。どんな場合でも冷静に対応することが大切ですよ。

ただ、ひとつだけ入社後にトラブルの多い例をお伝えすると、面接が1回か2回だけで、どれも短く簡単に済んでしまい、それで採用された場合は、「こんなはずじゃなかった・・・」という話が多かったです。「悩まれる前に採用してしまえ!」みたいな考え方の会社もあるので気をつけましょう。

テーマ : 面接
ジャンル : 就職・お仕事

慣れすぎ面接に落とし穴あり!?

しばしば就活生に聞かれる質問で、「緊張しなくなる方法はありますか?」っていうのがある。
確かに就活生と面接をしていると、こちらも緊張してくるくらい硬くなっている場合が多いね。

ただ、ボクら面接官としては、中途はともかく新卒の就活生に対して「緊張する」ということにそれほど厳しい評価はしない。初めて就職活動をしていて、年上の社会人と面接をするわけだし、緊張しない方がおかしいはず。

実はそれよりもこわいのが「面接慣れ」なんだよ。

この前もこんなことがあった。

ある地方銀行の面接で、男子学生との1対1面接だったんだけど、「よろしくお願いします!」と元気良く始まったのは良かったが、いくつか言葉のやりとりをしていくうちに趣味の話になった。

面接も中盤になるとボクの口調もカジュアルになってきて、「それでさぁ、君はそこんところどうなのよ?」みたいな感じだったので、彼もちょっと気を許したのか徐々に学生言葉になり始めていた。
彼の話によれば、もう既に面接は20回くらいこなしており、元々度胸もあるらしい。だからこそ緊張なんてほとんどしていなかったのだろう。

男子学生「そうなんスよね~。」「そうっスか?」

こういう言葉が出始めるとヤバイ・・・・・・。

案の定、趣味をいろいろ話し始めた。

男子学生「インターネットでのゲームなんかやってますね。」

ボク「ネットカジノなんかもあるけど、そういうのはどうなの?」

男子学生「その手はやってないっスね。スロットはしますけど。」

ボク「スロットか。パチンコはしないの?」

男子学生「パチンコってかったるいじゃないスか。スロットの方が自分でやっている感があるからいいかな。」

あ~あ、やっちゃった。
彼、結構なスロット好きと見ました。
気付いた人もいると思うけど、これは銀行の面接なんだよね。

ギャンブル癖のある学生をわざわざ採用するほどこの銀行は人材に困っていない。
最初から「ギャンブルやっている学生は絶対にNG」とも指示を受けていた。
多額のお金を扱う銀行は、こういったことにはとても神経を使うんだ。

まあ、正直に言ってくれてお互いのためになったとも言えるけれど、この銀行から内定をとるという目標は、下手に面接慣れしちゃったためにパーになったわけだ。

いくら面接に慣れたとしても、緊張感をなくしてはダメだ。
程よい緊張感の中で、立場をわきまえ、しっかりとした応対をしないと失敗するぞ。

ちなみに、今回のボクの面接は「わざとカジュアルに持っていって学生をリラックスさせ、本音をポロッと話させる」戦略だった。申し訳ないけれど、将来的に問題になりそうな学生をセレクトするための手法だ。
こんな落とし穴にくれぐれも引っかからないよう、心して面接に臨むようにね!

面接予約の正しい入れ方

面接シーズンたけなわ、今日もXはたっぷりやってきましたよ。

さて、最近説明会や面接で遅刻が続出!これはダメ。

何がいけないって、遅れるのはとにかくいけません。評価最悪です。

説明会ならいいのでは?という人もいますが、しつこい人事は遅刻者を
しっかりチェックしてるから気をつけましょう。

さて、リクナビなどで説明会や面接を予約するときに、コツがあるんです。
面接予約の正しい入れ方をお教えしましょう。

それは、「時間が選べるなら、この時間帯を選ぼう!」ということ。

たとえば、

■朝 10:00
■昼 13:00
■夕 17:00

というような選択肢があったとしたらどれを選ぶのか?

これは文句なく「13:00」なのです。

朝10:00は

●とにかく何があるかわからない ⇒ 交通機関や寝坊
●頭が起きていない ⇒ 起床後3時間以上経たないとダメ。
            面接官もさえません。
●面接官も精神的にアップダウンあり ⇒ 時間に追われてバタバタ

13:00なら、まず遅れる心配はありません。
人間はお腹一杯だと心も安らかになるので、ランチ後の一番が最適です。
ちなみにもう少し後だと眠たくなったりするので、ランチ直後が最高です。

16:00とか17:00だと、たいていの場合は相当数面接した後です。
これはさすがに面接官も疲れています。正当に評価されないかもしれませんよ。

また、それまでの面接時間がおしていて(時間がかかりすぎていて)
相当に待たされる場合も多いのです。これは疲れます。

というわけで、皆さんがもし時間を選べるのなら、絶対にランチ後の
一発目を狙ってくださいね。面接官もリフレッシュして、良いムードでの
面接ができるはずだから!
ところで、自分もちゃんとランチを食べてから行きましょうね!

テーマ : 面接
ジャンル : 就職・お仕事

就活おすすめ本!
面接官Xがおすすめする就職関連本です。
就活にはタブレットPCを!
アクセス解析
育児休業者職場復帰給付金
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。